IT導入補助金とは

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするもの(経済産業省委託事業)です。
IT補助金の公式サイトはこちら(外部リンク)

この制度を利用して「速販C2」+「速販在庫」を導入すれば、導入費用の1/2(上限50万円・下限15万円)が補助されます。
条件がクリアできれば、初期に必要な経費をぐっと抑えて、複数ネットショップを一元管理し在庫数を自動連動する「速販C2」と「速販在庫」を導入していただくことが可能です。
ご興味のある方はご相談ください。

IT補助金概要
受付期間2018年4月20日(金)~2018年6月7日(木)(第一次公募)
2018年6月20日(水)~2018年8月3日(金)(第二次公募)
金額ソフトウェア、クラウド利用料、導入関連経費の1/2以内
上限額50万円、下限額15万円(1年間)
※本補助金全体の予算は500億円(無くなり次第終了)
対象事業者日本国内で事業を行う、中小企業・小規模事業者等に限ります。
お申し込みに際し必要な条件等詳しくは、サービス等生産性向上IT導入支援事業(公募要領)を必ずご確認ください。
対象ソフトウエア、サービス「速販C2」+「速販在庫」
初めて導入する場合に限ります。
対象となるプランについては、お問い合わせください。

申請手順

1.準備
申請・手続き方法については「交付申請の手引き」をご参照ください。

(1)IT補助金の申請条件等について確認をお願いします。詳しくはこちら
(2)「経営診断ツール」で診断を行ってください。
(3)「SECURITY ACTION」上で、「★一つ星」または「★★二つ星」のセキュリティ対策自己宣言を行ってください。
(4)「おもてなし企画認証2018」取得すると、審査の加点になります。また、地域未来投資促進法の地域経済牽引事業計画の承認を取得、固定資産税の特例率ゼロとする移行を表明した自治体に所属していると、審査の加点となります。

2.「速販C2」+「速販在庫」試用申込み

(1)IT導入補助金を利用希望と明記の上、試用お申し込みをお願いします。本番と同じ機能を全て、一か月間お試しいただけます。
(2)ご要望に応じて、「速販C2」+「速販在庫」のプランをご提案致します。

3.交付申請

(1)事業計画策定を行ってください。
(2)「申請マイページ」で申請者基本情報を入力、「経営診断ツール」の診断結果、「SECURITY ACTION」のアカウント情報、事業計画情報などを入力してください。
(3)確認いただいた後、弊社からIT補助金事務局に交付申請を行います。

4.交付決定

(1)交付決定通知が届きます。
(2)「速販C2」+「速販在庫」をご契約頂き、年間一括でお支払ください。
(3)事業完了報告書を作成してください。弊社からIT補助金事務局に提出いたします。
(4)補助金交付確定通知および補助金が交付されます。

5.定期報告

2023年まで5年間、毎年3月に報告書を提出してください。弊社からIT補助金事務局に提出いたします。

補助金額の例

<例1>

速販C2(定額プラン)
速販在庫
合計金額
(初年度年間)
補助金額(1/2)


30,000円




12,000円 /月
(12,000円×1アカウント)




30,000円
(10,000円×3店舗)




11,000円 /月
(2,000円+3,000円×3店舗)




336,000円




168,000円



初期費用
アカウント数
初期データ作成
SKU登録数
連動間隔
店舗数
オプション
1
商品コード統一
1,000SKU
15分
3
なし

<例2>

速販C2(定額プラン)
速販在庫
合計金額
(初年度年間)
補助金額(1/2)


30,000円




24,000円 /月
(12,000円×2アカウント)




100,000円
(お見積による)




30,000円 /月
(3,000円+5,000円×5店舗+2,000円)




778,000円




389,000円



初期費用
アカウント数
初期データ作成
SKU登録数
連動間隔
店舗数
オプション
2
商品コード非統一
3,000SKU
5分
5
セット商品

上記は一例です。その他のIT導入補助金が適用可能なプランをご案内可能ですので、ご相談ください。