待ってました!クラウド版!サポート電話が繋がりやすいのもマル

販売カテゴリー家具・住宅設備
ご利用製品速販C2
機能受注
サイト楽天市場
Yahoo!ショッピング
他4店舗
本社工場

DIY商品と防災関連商品をお取扱いのDIYSTYLE様は、2015年に「攻めのIT経営中小企業百選」を受賞されています。経済産業省では、攻めの分野でのIT利活用に積極的に取り組む中小企業を選定、3年間で計100社を選定し、最初の選定となる33社の内の1社に認定されました。

「速販」から「速販コネクト」へアップグレードの後、現在は「速販C2」をご導入頂いているDIYSTYLEの森本様にお話しを伺いました。

インタビュー

まず、出店されているモール、自社サイトについてお聞かせください

2005年にDIY関連ポータルサイトで販売開始してから、ヤフオク!、自社サイト、楽天市場へと展開し、その後Eストアーショップサーブで自社サイト2店舗を開店しています。

DIYSTYLE(楽天市場)
床材屋
京都防災

ネットショップの運営で、一番苦労しているところはどこでしょうか?

最近、お客様動向が見えにくくなっていますね。
急いでいるときは配送が早いAmazon、そうでなければ集めているポイントに対応しているモールで購入するなど、状況に応じて購入フローが変わります。
また以前は、PCから夜中に注文が来ることが多かったのですが、最近は、スマホやタブレットから昼間に注文が入ることも多くなっています。
モバイル率は半分以上となり、急激な変化を感じています。
変化が速すぎて、勉強会に参加しても、内容が古くなってしまっていることもしばしばあります。
試行錯誤して、自分で考えていくしかありません。

運営が難しくなってきているということでしょうか・・・。
そんな中、森本様が一番気を付けていることは何でしょうか?

心がけていることは、問い合わせに対して、時間外であっても、できるだけ速く的確に対応することです。
DIY商品は、使い方がわからないその時にすぐ、アドバイスが必要だからです。

なるほど、このような対応をされているため、リピーターが多いのですね。
では、「速販コネクト」から「速販C2」へお乗換えされた理由はなんでしょうか?

クラウド版を待っていました。
お店で一番大事なものは何か?と考えると、PC内の顧客データであり、それが盗難にあったり、破損したりしたら一大事だと考えていました。
また、出張先や自宅でも、問い合わせがあったとき、購入履歴が見られるので、すぐ対応でき、ありがたいですね。

ショップのおおよその業務フローを教えてください

1.「速販C2」に受注取り込み、または、電話、FAX注文の入力
2.「速販C2」で社内用帳票作成
3.「速販C2」で納品書作成(エクセルでカスタマイズしたものを利用)
4.「速販C2」から受注完了メールの送信
5.「速販C2」から送り状作成用CSVを出力し、配送手配
6.「速販C2」で帳票作成
7.「速販C2」から出荷済みメールの送信

ほとんどすべてのフローで「速販C2」をご活用いただいているのですね。ありがとうございます!
その中でも、特におすすめの機能、また改善してほしい点はありますか?

全部使いやすいです。
また、サポート電話がつながりやすいのも大変ありがたいです。
今でも今月の売り上げデータが表示できますが、今後は、少なくとも先月の売り上げデータが確認できるともっと良いと思います。

どうもありがとうございました。ご活用いただいて、本当にうれしいです。
今後も、より使いやすい「速販C2」をご提供できるよう、開発を進めてまいります