ネットショップを強くする

ネットショップ全店舗をひとまとめ

複雑なネットショップの受注管理業務を一括管理。

システムに任せることで、商品企画や販促に時間を有効活用!

問い合わせにも素早く対応でき、顧客満足度アップ!

明日からの売上アップを強力に支援します。

ネットショップをひとまとめ

選ばれる理由

すぐに始められる

基本設定はたった3つ!
会社名や所在地、メールの設定、各店舗の情報を入力すれば、 その日のうちに開始できます。
初めての方にこそ、使っていただきたい受注管理ソフトです。

設定は簡単なのに、用途に合わせてたくさんの機能があることも人気のひとつです!

announceimg

充実したサポート体制

経験豊富なサポートのプロが素早く対応!!
メールでのお問い合わせもすぐに回答いたします。
個別相談もご依頼に応じて無料で開催!

ショップ様の運用に合ったご利用方法のご提案や、詳しい機能のご利用方法など何でもお答えします。

announceimg

10年超の進化と信頼

2005年の販売開始以来、EC業界・周辺サービスの多様化や、モールやカートの機能更新に合わせ、常にバージョンアップ。
また、ユーザー様のご要望に応じ、新機能の追加や機能改善も随時行っています。

様々なノウハウを駆使し、安定したシステムをご提供します。

announceimg

お勧めポイント

最新機能をすぐに使える

サーバーから常に
最新のプログラムを配信。
起動すればいつも最新版!

ハイブリッド方式

インストールタイプの高速処理と、
クラウドの利便性を併せ持ち、
メリットを最大限に!

定額プランも選べる

従量プランと定額プランをご用意。
ショップに合わせて、
最適なプランを選べます。

自動取込ですぐ処理できる

APIで連係し注文を自動で取込。
起動してすぐ受注処理が
開始できます。

デュアルディスプレイも対応

注文一覧と注文の詳細画面を、
2つのウィンドウで表示可能!

カスタマイズに強い

10年以上の経験を基に、
臨機応変に対応します。
項目や画面のカスタマイズもOK。

ご利用者の声

豊富で便利な機能

ステータスカスタマイズ

速販内に自由な名称で無制限にステータスを作成可能。ショップを円滑に運営するために重要な機能です。

メール誤送信防止

メールテンプレートに、送信ステータスを限定することができ、誤送信を防止できます。

自動ステータス移動

メールテンプレートに、送信後ステータス移動の設定をすることができ、運用のフローが確立できます。

全サイト一括メール送信

ECサイトを自動的に判定し、テンプレートを適用して、まとめてメールを送信します。

CSV入出力

自由に設定できる出力形式は、基幹システムや発注元との連係にも利用できます。

注文者判別

登録情報を基に、受注にマークを表示。ロイヤルカスタマーやブラックリストの判定に利用できます。

帳票印刷

納品書や請求書など、ひな形を基に作成できる他、ご自身でカスタマイズした帳票も作成可能。

送り状連係

ヤマトB2、佐川e飛伝、日本郵便ゆうパックプリント等と連携。ミス防止とスピードアップに貢献。

決済サービス連係

後払い.com、NP、ニッセン、ジャックス、クロネコ等後払いや電算システムコンビニ決済等各種対応。

豊富な機能

対応モール・カート

rakuten

ys

ya2

amazon

ponpare

wowma

qoo10

ss

ms01

fs

colorme

mydo

epress

ais02

「速販」ラインナップ

どこからでも使える

速販C2
  • 受注データをクラウドに保存するので、
    複数拠点で利用可能
  • 従量プランと定額プランから選べる!
  • 基幹システムなどの他ツールとの連係が
    しやすいCSV出力項目保存機能

待望の在庫数連動機能!

速販在庫
  • モール間の在庫数を連動し、
    売り逃し・売り越しのリスクを軽減
  • 商品番号がバラバラでも、速販在庫が解決
  • 在庫数変動履歴は、画面上で確認!
    CSVでも出力可能

手軽に
始められる

速販
  • 準備も操作も簡単!
  • 必要な機能がギュッと
    詰まって低価格
  • 使いたい機能はオプションで
    追加可能

複数スタッフで
同時処理

速販コネクト
  • 受注データをLAN上で
    リアルタイム共有
  • 同一モールの複数店舗も
    管理可能
  • 選択肢別在庫管理商品対応

実店舗と一緒に
販売管理

速販フロンティア
  • OBCの商奉行と連係し
    ネットショップと実店舗の
    販売管理を同時に実現
  • 管理に手間のかかる
    「ポイント」の扱いも、
    伝票を分けることで楽々!

詳しく見る